自分の好きなテーマを絞る

アドセンスで稼ぎたいから、クリック単価の高い記事を書こうと思っていませんか?

実は、2年前までの私はそう考えていました。その当時の検索エンジンのアルゴリズムでは1ページのサイトで上位表示されたこともあって、いろいろなキーワードで1ページのアドセンスサイトを作っていました。これが、結構稼げたんです!しかし、いまでは1ページ型のサイトが上位表示されるのは難しくなりました。

今では中途半端に数ページのサイトを作ってアドセンスで稼ごうと思うのは難しいのです。もちろんキーワードや被リンクなどによって稼げますが、初心者が稼ぎづらいという意味です。

アフィリエイトやアドセンスでも一緒ですが、自分が全く興味の無い分野のサイトを作るのって非常につまらないのです。私は仕事上化粧品関連のサイトを作成したりしていますが意味不明の単語ばかりで苦痛です。いくらクリック単価の高いキーワードのサイトを作ってもほとんどの人が長続きしないんです。

せっかくやるんだったら、楽しく自分の好きな分野でやることが長続きし、稼げるコツです。あまり稼いでないうちに「キーワード」がどうこう言うより、とにかく自分が続けられるテーマを絞って書き続ければ必ず成果は出ます。

テーマはマニアックにする

僕は、阪神ファンですので、野球を例にしてみます。ここで、阪神に関するサイトを作るのも1つの手ですが、もっとテーマを絞り込んだ方がよいです。僕だったら、金本選手についての情報ブログを作ります。だって、阪神の情報だったら、デイリースポーツなどのニュースサイト以上の物を作るのは難しいですが、ある人物に対しては大手サイトにも負けない情報サイトを作ることが可能です。どんな小さなことでもいいので、その情報に関してはNO.1を目指すことが大事です。

僕は、金本選手が大好きなのでマニアックな記事を毎日更新することができます。あとは、少しの被リンク(相互リンク)さえあれば、間違いなくアクセスが増えていくでしょう。

また、自分が書いているテーマがテレビなどに紹介されたときは、すぐにその旬のキーワードについて書くとかなりアクセスアップが見込めます。私は、北京五輪 野球のG.G佐藤のエラーについて記事を書いたときは一気にアクセスが増加。

この記事を見て「そんなことはお前に言われなくてもわかってるよ!」という声が聞こえてきそうですが、実際わかっていない人が多いのです。多くの情報商材などを見てもテクニックばかり紹介されており、基本を教えていないのです。テクニックで稼いでいるサイトは近いうちに稼げなくなりますが、しっかりした物(財産)を1つでも持っていれば安定して稼ぐことができるのです。たくさんの記事を書いていれば、どうしてこの記事には人が集まるのかなど分析していれば、いろいろわかり知識がついてくるでしょう。そういうことが分かってくれば、知識を応用して稼げるサイトが作れるようになってくるのです。「急がば、回れ」です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。