記事を外注する

アフィリエイトやアドセンスを本業としてやっている会社や事業主は、従業員やアルバイトを使って大量に記事を書いています。そのため、短期間で数えきれないくらいのサイトをどんどん生み出し稼ぎ出せるんです。

しかし、副業でやっているアフィリエイターがアルバイトを雇うとなるとかなりハードルが高いです。

一人でサイト作りのメリットは経費がほとんど掛からないことですが、一人で記事を書く数は限界があります。私も基本コツコツ自分で書くことが多いですが、一人だけでは不利なこともあるのです。

例えば、コスメ系のサイトを作るときに、良いキーワードがあり記事を作成しようとしても、男子の私には全く意味がわからなかったり、興味がないことを調べるのに時間がかかってしょうがないのです。例えば、知っていることに関するブログを10記事書くなら1日で出来てしまいますが、全く知らないことをわかりやすくちゃんと書こうとなると倍以上の時間と労力が必要となります。

そういう時は、記事を外注することによって時間をお金で買うことができるのです。しかも、その記事がお金に変わるんです。

私が外注をするときは、自分が興味がない分野か調べるのが難しいニッチなキーワードです。20〜30記事で1サイトを作ります。100記事だったら5サイトくらいです。

出来上がったサイトは広告を掲載せず、まずはヤフーカテゴリに申請します。広告が有るか無いかでカテゴリの登録が関係あるのか謎ですが私はそうしてます。

なぜ、ヤフーカテゴリ?かといいますと、SEO的に有名サイトから非リンクを受けると検索エンジンで上位に表示されう可能性が高くなるからです。

そして、めでたくヤフカテに登録されたら、ASPアフィリ広告やアドセンスを貼っていきます。もし、落とされた場合も同じく広告を設置しますが、もう一度カテゴリ登録を申請してみます。極稀に受かるんです。

記事外注の考え方は人それぞれですが、やはり記事の質と値段が重要です。

私はいつも この外注屋さんを使っています。少ロットでも受けてくれるのでお試しも出来ます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。