思い通りの広告を表示させる

Google アドセンスは、サイトのコンテンツに関連した広告が表示されるが、これは人間の目で見ているわけではなく、クローラーに巡回されて最も関連したキーワードの広告を出しているのである。

当然、何のサイトか伝わらなければ公共広告やまったく関係のない広告が掲載され、アドセンスをクリックされる確率がかなり減るだろう。

重要なキーワードや関連キーワードをある程度、埋め込まなければ、機械は認識できない。重要なキーワードは文章内でのキーワード率が一番高いのが理想だ。キーワード出現頻度解析でURLを入力すれば簡単に解析できる。

キーワードの埋め込む場所

タイトル
記事のタイトルは一番重要視されています。必ず狙った言葉を埋め込みたい。気をつけたいのは、関係のないキーワードはなるべく含ませないことです。例えば、スペイン語の関するサイトの記事タイトルに「英語より簡単なスペイン語」としてしまうと、英語という言葉も重要だと認識されスペイン語のサイトなのに、英語に関連したアドセンス広告が占めてしまうことがあるので注意。
記事中
文章中に無理やり埋め込む必要はないが、なるべくターゲットのキーワードを埋め込む。
メタタグ
サイトのHTML内の始めのほうにmetaといわれるタグがいくつかある。そこに
<meta name="keywords" content="アドセンス,Adsense,Google" />
というように入れると重要なキーワードとして認識されますので、設置したほうが良い。既に無料ブログなどを使っている場合は設置されている事が多いので確認してみよう。HTMLは右クリック→「ソースの表示」で見ることができます。

しっかり、アドセンスのクローラーに認識させコンテンツにあった広告を表示させるようにして下さい。

この記事へのコメント
今まで関係ないアドセンス広告が表示されて困っていました。
それが、こちらの記事にあるmetaタグを埋め込んだらすぐに解決しました。
ありがとうございます!
Posted by ペガサス at 2008年06月15日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。