アドセンス 代替広告

Google アドセンスでは、自動でサイトに合った広告が表示されますが、キーワード不足や関連性の高い広告がない場合に、「公共広告」という、クリックされても報酬にならないボランティア広告が表示されます。

Google アドセンスでは、代替広告の機能を使うことで「公共広告」の表示をさせないようにすることができます。

htmlの知識があれば、いろいろなタイプのアドセンス 代替広告を作成することができますが、ここでは、誰でも簡単にアフィリエイト収入になりやすい代替広告を紹介します。

アドセンス 代替広告 作成サイト

AdChange(アドチェンジ)
自身のサイトやアフィリエイトリンクなどを最大9個登録し、代替広告設定の欄にURLを入力するだけで利用できます。一番簡単に設定できます。
Amagle
アマゾンのフラッシュバナーや個別商品リンクなどの代替広告が設定できます。

2008年7月13日:アドセンス代替広告作成サイトは両サイトとも閉鎖さていました。

アドセンス 代替広告で稼ぐ

代替広告を出さないようなページを作成するのが、一番の方法ですが、数多くサイトを作っていると、どうしてもアドセンス広告が表示されないページが出てくるものです。

そうした場合、個別の商品リンクなど、手間がかかるので設定していません。私の場合「楽天市場」のアフィリエイトリンクをクリックしてもらう仕掛けを作ります。

何故、楽天か?

私は、アドセンスの代替広告を通じて、楽天ショップの商品を販売しようとは思っていません。しかし、アフィリエイトリンクをクリックすると「クッキー」という機能があり、「私が、楽天市場を紹介しました」という記録が30日間の残されます。その間に、私のアフィリエイトリンクを踏んだユーザーが楽天でショッピングをしてくれれば、報酬になるわけです。

ネットショッピングを利用する人達の多くは、楽天市場を利用しています。とにかく、楽天のアフィリエイトリンクを踏ませておけば、知らないうちに、収入になります。

最大のポイントは、誰もがクリックしたくなるような、キャッチコピーです。

アマゾンの代替広告

アマゾンを使った、アドセンス 代替広告を使うポイントは、コンテンツにマッチした広告を載せることです。楽天のように、闇雲にアフィリエイトリンクを踏ませても駄目なのです。何故なら、アマゾンのクッキー保存期間は24時間しかないからです。注意しましょう!

この記事へのコメント
やまがたさん
こんにちは、喜々です。

コメントありがとうございました。

こちらのブログにコメントしていいということですかね^^


>ネット以外では、生卵に広告を入れる方法もあるとか

ああ、聞いたことあります。
yahooのニュースで見たんですかね。

なんでもありですね。


応援シテマス


何だかブログが
左いっぱいに寄ってますね。
Posted by 喜々@アフィリエイトって何?から始めて稼ぐ at 2007年02月22日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。