検索向け アドセンス

検索向け アドセンスを活用して、さらに収益がアップさせよう。検索向けアドセンスのタイプは2種類あります。

Google ウェブ検索
見た目は通常のGoogle検索とほぼ変わらないが、広告がクリックされると収益になります。
Google ウェブ検索 + サイト検索
ウェブ検索と指定したURL内のサイト検索ができます。ページ数が多いブログやサイトはサイト内の検索をできるようにしたほうがユーザーにとっても親切なので、是非設置したい。

検索ボックスのスタイル

ボタンの位置やテキストボックスの長さなど検索ボックスのスタイルを設定することができます。私は、検索向けアドセンスで多くのテストを行っていないのではっきりとしたことは言えないが、どのスタイルでもさほど反応が変わることが無かった。ただ、若干ではあるが、「ボタン上に "Google 検索" を表示」させるよりかGoogleのロゴを表示させたほうが検索数が多かった。

検索数はボックスのスタイルよりも、「どの位置に検索ボックスを設置したのか」や「サイト内容」、「ページ数」で利用者数が大きく変わります。例えば、用語辞典のようなサイトであれば、検索数やページビューが多いのが特徴だ。

サイトフレイバー検索

サイトフレイバー検索は、コンテンツを徐々に理解し、検索結果がより関連あるものにする機能。 ただし、サイトフレイバー検索が反映されるまで時間を要します。

検索結果のスタイル

ユーザーが検索した結果ページのカラーやロゴをカスタマイズできます。あまり派手にする必要はなくデフォルトで表示される Seasude で良い。

また、自分のサイト内に検索結果を表示させることもできる。

効果的な掲載場所

サイトの構成やコンテンツ、テンプレートなどによって多少変わります。しかし、ユーザーがどのような心理の時に検索するのか考えれば、答えは出てくるはずです。

コンテンツメニューの上に検索向けアドセンスを設置するのが基本です。2カラムであれば、サイドバーに「コンテンツメニュー」のリンクを設置することが多く、その場合、そのリンクの上に検索窓をおくと良い。

クエリをチェックする

クエリは、どんなキーワードで検索したのかチェックすることができます。これは、どんな内容が求められているのかなどが分り、次の記事を書く時の参考にもなります。アドセンスにログインしてでてきた管理画面の一番下に「検索向け Adsense」のレポートがあります。

この記事へのコメント
はじめまして、hiroshiと申します。諭吉アドセンスを公開しました。よかったら見てください。

いきなりのコメント失礼しました。
Posted by 諭吉アドセンス at 2007年03月10日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。