ロングテールを狙え

Google アドセンスで稼ぐと言っても、いろいろなやり方があります。

  • 上位表示させて、アドセンスで稼ぐ
  • アドセンス単価の高い、ニッチなキーワードを狙う
  • ロングテールのキーワードを狙う
  • キーワードを埋め込みまくってアドセンスで稼ぐ
  • 自動記事生成ツールを使う
  • コンテンツを充実させるアドセンスの稼ぎ方
  • アドセンス単価が安くても、アクセスの集まりやすいキーワードで稼ぐ

どれも、間違えではありません。ただし、「安定」と「初心者でもできる」と言うことを考えれば、方法は絞られてきます。

ウェブサイトを何個か立ち上げたことがる人なら、わかると思いますが、狙ったキーワードで上位表示させるのは、それほど容易ではありません。アクセス解析を見ると、まったく想像もしなかったキーワードで検索されたりします。

検索エンジンの上位表示を狙うな!

SEO対策初心者の人に上位表示できるようになるまでは、時間がかかります。それよりも、ロングテールのキーワードを狙って、細かいアクセスをたくさんの記事から引っ張ってくるほうが、簡単です。「ちりもつもれば山となる」

2006年11月に作ったブログを例にして見ましょう。私は、まず図書館に行き、詳しく書かれた書籍を数冊借りました。

キーワードは教えられませんが、例えば、「車」のサイトだと仮定します。記事は車の性能などを400〜800字程度で書いていきます。(丸写しは著作権違反になるのでリライトします)車ならたくさんの車種があるので、記事のネタはいくらでもあります。月間検索数が100以下だろうが、気にせずどんどん記事を量産していきます。

150記事程度までいくと、このようになります

1週間のアクセス
↑クリックすると画像が拡大

もちろん、キーワードの違いや記事の書き方によっても変わりますが、ニッチなロングテールと言われるキーワードからも1日1万ページビューのアクセスを集めることができます。

作成期間は1日平均3ページ程度更新して、2ヶ月。気合入れれば1ヶ月もあれば、ブログを作成することが出来ます。

要するに、メインのキーワードから引っぱってくるのではなく、ニッチなキーワードで検索エンジンから呼び込むのです

よくある失敗例

毎日、毎日記事をリライトしながら書いていくのも、慣れていないと大変です。しかしながら、ネットでは、記事を書いたからってすぐに成果が出るとは限りません。特に検索エンジンがそうです。大変な思いをして、30〜50ページ作成してみたけど、まったくアクセスが無いと、もちろんアドセンスやアフィリエイトの報酬もない。そうなると、心が折れてしまうものです。ロングテールのアクセスを拾うには、1ヶ月〜3ヶ月のスパンを見るべきです。

ページ数が増えれば、トップページも上位表示

車のサイトを例にしましたが、各ページには、当然「車」と言うキーワードが出てくるので、ページ数が増えれば、SEO的にも強いサイトが出来あがります。私が作成したサイトは、現在ヤフー9位、Google1位、MSN1位隣、ロングテールのキーワードとメインキーワードの両方からアクセスを生み出しています。

作成する2ヶ月は、大変かもしれませんが、一度作り上げてしまえば、簡単なメンテナンスだけで、稼ぎ出すサイトになります。

このようなサイトを一度作ると、「何故、この記事が上位に表示されて、もう一方の記事が駄目なのか」など、たくさんのコツが見えてくるでしょう!

ユーザービリティ

ユーザービリティとは「使いやすさ」を表す表現です。HPでは、見やすいデザインとわかりやすく情報が整理されていることが、使いやすさに繋がります。

訪問者はそのサイトを見るか「戻る」を押すかは、3秒で決めます。見た瞬間に、よくわからないHPは嫌われるのです。たとえ見てくれても、ユーザービリティが悪いとページビュー数(ウェブページが1度表示されると1ページビュー)が、よくありません。アドセンスのクリック率を上げるために、いくつも並べたりすると訪問者は使いづらいでしょう。とりあえずクリック率が高ければそれでよいと思うのは間違いです。身をもって経験しました。

デザイン

HP作成をあまりしたことが無い人にSEO対策が万全でデザインが優れたサイトを、お金を出さずに作るのは困難である。しかし、努力をすることは出来ます。初心者ほど、複雑で凝ったデザインを好むが、シンプルなデザインほど、伝わりやすい面があります。

色数を少なく、色調に統一感があったほうが、綺麗。

メリハリをつける

統一感のある色合いに、大きさを変えたり、別の色を使うことで、その部分はとても目立つようになります。ただし、やりすぎるとゴチャゴチャになるので注意して下さい。

2カラムで作成しよう

3カラム(両サイドバー)が必ずしも悪いとは言い切れないが、どこに何があるのかわかりづらいので2カラムを使いたい。大抵、3カラムを使っているブログなどは、アフィリエイトリンクやリンク集などがズラーと並んでいて見づらい。

情報の整理

コンテンツは、カテゴリを作りわかりやすく整理する必要があります。リンク集なども、サイドバーに何十個も貼るのではなく、リンク集のカテゴリを作ってあげましょう。

例えば、
「Googleアドセンス情報のリンク集」
「物販アフィリエイト情報のリンク集」
「SEO対策情報のリンク集」
としたほうが、見てみたいと想いませんか?

情報を配信するページに必要のないリンクは整理しましょう。

フォント

フォントの大きさがあまりにも小さい、または、大き過ぎると読みづらい。そして、3〜5行ごとに改行してあげると文章が読みやすくなります。

稼ぐサイトを作成しよう

サイトを作成するにあたって重要なお話があります。

アドセンスで稼ぐ」、「アフィリエイトで儲けたい」と本気で考えている人ほど、ドツボにはまる可能性が高い。

ウェブサイトから稼ごうと思うほど、自己中心的なサイトになってしい、「ユーザーは何を求めてサイトに訪れたのか」ということを考えなくなる傾向が強い。Google アドセンスをビジネスと呼ぶかは別としても、私が考えるビジネスの基本は、「先に与える」である。先に与えるとは、「ためになる情報」、「ツール」、「動画」などなんでも良い。まず、ユーザーが求めているものを与えられないサイトでは稼げない。

有名のブログアフィリエイトランキングの上位にランキングされているサイトを見ていると参考になるかもしれない。かなりトラフィックがあるのに、コメント2〜3しかないものや、売込みばかりのブログなども多くある。もちろん、ブログは自由に作ってよいのだから批判するわけではない、ただ、参考にしてほしいだけだ。

稼ぐサイトのポイント

『訪問者はそのサイトを見るか「戻る」を押すかは、3秒で決める』
あなたもそうではないでしょうか?

きちんと情報が整理されていて、目を引くサイト、つまり「ユーザービリティ」を考えてないと、「戻る」のボタンを押されてしまいます。SEO対策やアドセンスのクリック率を高めようとするほどユーザービリティを無視したサイト作りになってしまいます。一目見て、このサイトは何の情報を発信しているのか、わかりやすいサイト作りが重要。3カラム(両サイドバー)のサイトは、情報がたくさんありすぎて、カテゴリはどこにあるのかなど、ゴチャゴチャになりがちで、あまり好ましくありません。

一つの情報を、掘り下げて配信したほうが良い結果を生んでいます。

無料ブログ

アフィリエイト(アドセンスを含め)を無料ブログから始める人が多いのではないだろうか?

本格的にGoogle アドセンスで稼ごうと思うのであれば、「独自のドメイン」をとって「レンタルサーバー」で運営する方が良いが、稼げないアフィリエイターには厳しいのが現実だ。

では、無料のブログサービスは稼げないのだろうか?

もちろん、無料ブログサービスでもしっかり稼ぐことは可能です。始めは、無料ブログから入り、ある程度コツを掴んでから独自のドメインをとって運営すればよいと考えている。無料のブログサービスのメリットとデメリットをお話します。

メリット

ブログの作成
HTMLなどがわからなくても、簡単に作成することができる。
トラフィック
記事を投稿する際に「タグ」を使うと、ブログサービスを提供しているトップページからリンクされアクセスがある。
SEO
ブログサービスのカテゴリに登録されたり、新着記事などが紹介さされ、トラフィックがあるだけではなく検索エンジンクローラーに巡回される頻度が高くなる可能性が高い。結果的に被リンクとなりSEO対策にもなる。

デメリット

ブログの作成
好きなようにカスタマイズができない。
サーバー
アクセスが集中する時間帯は重たく表示スピードが遅い。また、ページ数が多くなると重たくなる。
ブログの移転
別のブログサービスに移行したくても、無料ブログからではデーターを取り出せない場合があり、一から作成しなければならないことも。
サービスの停止
アドセンスで稼いでいるサイトをたくさん持っていても、もしアドセンスが利用禁止になったら一気に収入がなくなります。一時、FC2ブログでそのような自体が起こりました。また、なにかの理由でサービス提供者からブログを削除されたという話も聞きます。無料のブログサービスですから、文句は言えませんね。

おすすめのブログサービス

無料で提供しているブログサービスでは、アフィリエイトを禁止している所も数多くある。当然、アドセンスも規約違反になるります。アフィリエイトがOKなおすすめのブログサービスを紹介します。

Seesaa ブログ
このサイトも Seesaaのブログです、100個まで同じ画面から管理が可能で、非常に使いやすい。ただし、テンプレートがイマイチだと思う。
FC2ブログ
FC2ブログも使いやすい。メールアドレス1つにつき1サイトなので、複数のブログを管理するのには向かない。テンプレートが豊富にあるが、共有テンプレートのなかには「SEO対策済み」などと書いたものには、ひどいテンプレートもある。HTMLがわからない人は公式テンプレートがおすすめだ。
livedoor Blog PRO
ライブドアブログは、無料版はサブドメインが使えずお勧めできないが、有料版(月額262円)はサブドメイン、FTPのアップロードなどが使え使い勝手がよい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。